上手く言えないあれこれ

を綴ってます。31歳独身。ゆるく楽しく。

あー分かる、が聞きたい話。

自炊、と言えるほど立派なものではないけれど、毎日フライパンか鍋を出して、何かしら焼いたり、煮たり、炒めたりしてる。で、ご飯を食べた後は片付けが待っているわけで。

 

洗い物は別にそんなに嫌いじゃない。好きではないけど。でも一人暮らしで、料理も最小限、鍋、フライパン、食器類も大きいものはないから、洗い物も大変ではない。

 

でも、昔からどうしても苦手なことがある。

 

ざる。どうやって洗うのが正解なんだろうか、と洗いながらいつも思う。苦手というかよく分からない。泡のついたスポンジでわーっと洗うとこまではいいんだけど、そこからが。

 

シャンプーでもコンディショナーでも洗顔でもボディソープでも、しっかり過ぎるくらいに洗い流したい派。もういいでしょと思ってからもしばらく濯がないと気が済まない。だからお風呂は長めになる。

 

というのは食器洗いでも一緒。洗剤の泡が流れてもたぶん十分すぎるくらい水で流してしまうし、水を流しながら手でこすって洗剤が残ってないかちゃんと確かめたい。

 

でも、ざるってそれが難しい。濯ごうと思って水を流すと、当たり前だけどその無数の穴からさらさら~っと通り抜けて行ってしまう。だから流しながら手でさーっとこする(?)けど、水が通り過ぎていくから、洗えてる感じがしない。結局いつも、よく分からんけどそんなに汚れてないし、まぁいっか、と思いながら水を切る。

 

という話を何回かしたことがあるけど、今のところ分かるーと言われたことはない。今日もざるを洗いながらそんなことを考えて、あ、今日のブログはこれにしよう、と。こんな話で長く書けるのかと思ったけれど、意外ともう676文字。こんなどうでもいいことで700字書けてしまったので、内容はないけどこの辺で終わることにする。