上手く言えないあれこれ

を綴ってます。31歳独身。ゆるく楽しく。

台風の日。

6:48 ラインが鳴った。学校休講。「先生方に連絡しますが、何と伝えましょうか」と上司から。

 

じゃあ、~~と伝えてください。とそんな簡単に言えるものではない。休講になると、カリキュラムを修正しないといけない。教務は実質1人なので5クラス分。だからできれば休講は避けたかった。朝から重い気持ちで出勤。1クラスずつパズルのように変更案を考えて、先生方に連絡する。

 

有難いことに非常勤の先生方は協力的な方が多い。その上返信メールで「お気をつけて」との心遣いまで頂いた。その一言に救われる。本当に。私もどんなに忙しくてもそんな一言を加えられる人でありたい。

 

そんなことを思いながら1クラスずつ片付けて、11時半頃には一通りの連絡が済む。そこから明日のプリント準備等…「午後からひどくなるから、今日やるべきことが終わったら帰ってください」と上司に言われるも、「やるべきこと」は終わる気がしない。

 

14時半。風雨が強まってきた頃、会社から連絡が入る。帰宅命令。一番ひどい時に帰されるのかと思ったら、ある方が車でみんなを順に送ってくれた。15時半ころ帰宅。冷蔵庫にあったものを適当に食べた。

 

外は風がびゅうびゅう言っている。こういう日、何となく外を見ていたくてカーテンを開けてぼーっとする。電線がさっきからずっと揺れてる。時々雨が窓に叩きつけてぱらぱらぱらと鳴る。外の音はうるさいけど部屋の中は平和。

 

仕事、もちろん持ち帰ってきたけど、休講は色々とばたばたするけど、でもちょっとのんびりする時間ができたのかも。

 

今月はもう無理かもしれないと昨日思った。今日は、ちょっと休んでまた頑張れと言われているような気がする。

 

もう17時。やるべきことはたくさんあるから、片付けないといけない。少し休んで、もう少しやれるだけやってみようかなという気がしてきた。今週も何とか乗り切れるかもしれない。