上手く言えないあれこれ

を綴ってます。いつも間にか33歳独身。ゆるく楽しく丁寧に。

働きたい。

仕事してると休みたいといい、休みが続くと働きたいと思う。我が儘。1年少し前と同じ、転職ブログ。

 

先月退職。転職活動中。日によって悲観的になる日もあるけど、そうかと思えば書類通過のお知らせが来たりして、まあ前向きにやっている。そんな中、日々思うことの記録。

 

 

転職の目的

求人にたくさん目を通すと段々結局何が大事?何がしたい?どんな会社がいい?と分からなくなってくる。ここ1ヶ月で2回ほどそんな状況になって、転職の目的を考え直した。これをはっきり明確にするのは大切。

今回の転職の目的は待遇改善。年収アップ、休日安定のとにかくホワイトなところで働きたい…。飲みながらそんな話をすると、「今時の考え方…」と言われるけど、理由はこう。今までアルバイトも込みでいろんな職場を経験してきて思うのは、どんな仕事でも大変、でも同時に何かしらの役に立つ仕事であるということ。色んな仕事を経験して、社会人10年目になって思うのは、どんな仕事でも目的ややりがいは働きながら見つけられるのではないか、と。だったら、条件大事では。

年齢を重ねるにつれそんな風に考えるようになってきた。まぁ、ないものねだりをしてしまう傾向にあるので、それで転職を繰り返しているのは否定できず、そこは自分の甘さ、弱さだけど。次は条件重視で今度こそ長く働けるところを見つけたい…。

「親孝行ができる年収」「年1海外旅行行ける年収と休日」が目標。贅沢と言う人もいるかもしれないけど、まずはここを目指して。現状を見ながら妥協も考える。

 

転職活動について

今までとは違い、全くの異業種への転職活動。しかも32歳、転職回数多いというなかなかのハンデあり。ということで、今回初めてエージェントに登録(1社)。他転職サイト(3社登録)で自分でも検索、応募。さらに最近は紹介予定派遣も視野に入れ派遣会社にも登録(3社)。色々手を広げすぎると逆に混乱もするけど笑、たくさん見てその中で自分に合っていそうなところに絞っていくのはいいかなと思う。それから、エージェントや派遣会社の方は所謂多くの求職者や、求人を出している企業を見てきているプロの方で、そういう方に履歴書や職務経歴書、面接のアドバイスを頂けるのは心強い。また、複数応募する際の負担も一人で動いている時よりは少ないと思う。物理的にも精神的にもメリットが多いと感じる。もし今後転職する人が周りにいればおすすめすると思う。どこの会社がどうとかの詳細はまた気が向いたら書くかも。

 

転職を考え始めたら…

偉そうにアドバイスというわけではないけど、今後の自分に。

まず、仕事をしながらの転職活動がいい。これ、1年前も言っていたと思うけど。1週間、2週間、3週間と何もしない日が続くとどうしても焦りが出てくる。妥協が大きくなりそうになる。だから、働きながらの次を探す方が余裕持っていい所見つけられそうだとすごく思う。と言っても、転職活動って求人見たり、企業のHPにとんだり、履歴書・職務経歴書書いたり、なかなか時間もかかるし、忙しく働きながらやるのは大変。それに面接は大体平日だから有給とれないと厳しい。上司や職場の人に隠しながら転職活動を進めるのは精神的にもすっきりしないものがある。という状況があって私は今回も退職してから本格的に就活しているけど、できるものなら働きながらがやっぱりいいと思う。

それからもう一つは転職理由。ネガティブな理由で辞めたい⇒転職。より、もっとこういうことがしたいというポジティブな理由での転職をするべき。面接してても転職理由は聞かれることも多い。ポジティブな理由がきちんと言えるのは大事な気がする。なんとなくだけど。

 

 

退職時の書類

ちょっと話は変わるけど、退職時に受け取るべき書類について。最終退社日の前に確認しておくべき。私は後から気づいてまたメールしたりと面倒だった。しかもまだ送られてこない。さすがブラック…。

雇用保険被保険者証

離職票

・健康保険資格喪失証明書

源泉徴収票

など。国保手続きをするか、すぐに次の会社に入社するかなどでも違うらしい。こういうの、学校で勉強したかったな…。

 

以上。転職活動中のあれこれ。物凄く感じるのは32歳の転職は厳しい。早く次の仕事についてのブログが書きたい…。笑