上手く言えないあれこれ

を綴ってます。31歳独身。ゆるく楽しく。

やっぱり上手く言えない。

人の相談に対して、すっと救いの一言が言える人に憧れる。よく聞くような、悩んでいた時にあの人のあの一言が背中を押してくれた、とか、辛かった時に、あの人がこう言ってくれたから乗り越えられた、とか。私にもそんな心に残っている一言はあるけど、逆に私のあの一言はあの子の心に響いただろう、みたいな思い出はない。

 

今日は友達と会った。大学の頃からの親友。彼女は何か上手くいかないことがあった時や、悩みがある時は人に話してアドバイスを求めるタイプで、そういう時の相談相手の候補がたぶん何人かいて、その中の一人に、有り難いことに私も入ってるみたい。

 

今日も相談、とまではいかないけど、とある話を聞いた。「Aさんは~~べきだって言ってた」「Bさんは・・・・・・がいいよ」って、と。こういう時、私は大抵、「どっちがいいと思う」という意見は言えない。うん、相談相手になれていない。笑

 

もしも話の内容が、自分が経験したことあるような状況で、自分の意見がだいぶはっきりある場合だったら言うかもしれない。けど、そんなことはめったにない。彼女の場合に限らないけど、相談された時って、状況を聞いて、もし自分だったらって考えて、相手の性格とか気持ちとかも推し量って、それで私はこう思うけど・・・っていう話はする。でも、それはあくまでも「私は」のことで。私は~~~と思う。でも、あなたにとってはそれがベストかどうかは分からないけど。私はいつもそんな風に思ってしまうから、強いアドバイスは絶対にできない。

 

だってそうでしょ。何に対しても価値観も、優先順位も、何が幸せかも、本当に人それぞれだから、私基準で相手にもそれを強く勧めるのは危険だと思う。

 

というわけで、今日も友達の話を聞きながら、「そんなんだ・・・」「そうだねー」「それいいと思う」「大変だったね」とか相槌打ったり、共感したり、ちょこーーーっと提案したりすることしかできず、ふわふわ~っとした会話になってしまった。

 

もっと力になれたらいいのに。とこういう時、いつも思う。別に彼女は、私のことをもうよく知ってるから、そこまで求めてはいないんだろうけど。折角話してくれたんだから、答えとまではいかなくても、相手にとって何か有意義なことが言えたらと思う。

 

けどきっとそういうのは、純粋な言葉だけの力じゃなくて、言った人の経験だとか、人柄だとかで重みが出てくるものなんだろうとも思う。結局のところ私はそんな話す言葉に力のある人になりたい。っていうことか。経験値を上げたい。って言って簡単に上がるものでもないことも分かっているけど。誰かから相談を受けると、悩んでいる誰かがいると、そんなことをよく思う。