上手く言えないあれこれ

を綴ってます。31歳独身。ゆるく楽しく。

父との関係。反抗とかそういう強いものではなくて。

こんにちは。ミナコと申します。みなさんどんなお正月をお過ごしでしょうか。

 

1月2日。今朝もゆっくり起きて1階のリビングに降りて行くと父がテレビをつけたままスマホをいじりながら一言。

「こんな求人出とるぞ!」

今年も2日目の朝から父は私の仕事を探しているようだ。

 

うちの父は過保護だ。31にもなって親を安心させられていない自分が情けなくもなるけれど、最近そういう問題じゃないのではとも思う。父は娘には父の思った通りの道を進んでほしいと強く願っているのだろう。仕事柄様々な労働環境の会社を見ていて、さらに年金などの社会保障に詳しい父が安定を何より重視し、会社を調べてあれこれ勧めてくる気持ちは分かる。これまでに仕事を転々としてきた私を何とかしないとと思うその気持ちも分かる。親なら子供を心配して当然というのもよく分かる。でも、それにしても・・・とちょっとうんざりして呆れがちに私は父の「応募しとけよ」を聞き流した。

 

父の言う「いい会社」と私の思う「いい会社」(というかいい仕事)は違う。見ている方向がまるで違う。だから父が勧めてくる会社は私にはあまり魅力的には映らない。よく見もしないで否定するのもあれなのでいくつか自分で見てみたりもしたけど、面白くない未来しか見えない気がしてしまう。その違いはおそらく価値観の違いで。言葉で話しても理解してもらえるとは到底思わない。だからこそ、自分で考えて選んでその後の姿で分かってもらうしかないと思う。

 

ついでにもう一つ言うと、父はいつも私がしたいと言うことに反対する。その理由の一つには私の無計画さがあるのは分かっているけど。高校受験、大学受験、就職、一人暮らし、海外勤務。前職である日本語教師をしている時も常に反対だった。

 

しかし、今そんな父が勧めてくる求人は日本語教師のもの。そこにどんな心情があるのかは聞いてはいない。30すぎて他業種への転職なんて無理だと思っているだけかもしれない。でももしかしたら4年間日本語教師として働いてきた私を見て、何か思う所があるのかもしれない。というかそう思いたい自分がいる。

 

人の考えとか価値観とかそういうものはいくら話しても説明してもそう簡単に変わるものではないと思う。だからきっと父と私の平行線はこの先もしばらく続くだろう。でもいつか、父が私を認めてくれるような生き方がしたい。そのためにも、早く「いい仕事」を見つけて充実している姿を見せたい。

 

年明け早々ちょっとネガティブなこんな記事を書くのは不本意だけど、色々言ってもやっぱり私はこんな父を含む家族のことは尊敬しているし大好きだし、結局の所そんな父に認めてほしい、安心させたい、ということだと気づいたので書き留めておくことにした。