上手く言えないあれこれ

を綴ってます。31歳独身。ゆるく楽しく。

正社員のメリット。

3月から今の会社に入ったわけだけど、正社員ではなく、契約社員として働いている。前職は1年限りの契約、その前は1コマいくらの非常勤講師契約だった私にとっては、月給制の契約社員は「安定している」の部類に入る方だと思っている。

 

面接で、契約社員でと言われたときも、まぁいいかと思った。今の会社、ネットで調べると「ブラック」という言葉と並ぶ記事もあったし、どんな会社か分からないし、また海外行きたくなるかもしれないし・・・とかそんなこともあり、こっちとしてもまずは契約で様子見て、くらいがちょうどいいかなと。それにやっぱり「契約社員」だと「正社員」より何となく身軽な感覚がある。別にだからと言って責任なく仕事しているわけではないけど、気分的に違うこともあると思う。正社員になりたいと言ったとして、なれる保証は全くないし、そんな簡単になれるとも思ってないけど、それなりにこっちにもメリットはあると思って今契約社員として働いている。

 

でも、会社に入って1ヶ月ちょっと、やっぱり「正社員」は守られてるなと感じることも多々あった。

 

まずは待遇。これは最初から分かっていたことだけど、給与や、色々な手当等々、もらえるお金はもちろん差がある。これはまぁ仕方ないと思う。

 

最近感じた正社員のメリットがもう一つ。新年度を迎えるこの4月。うちの会社は特に多いのかもしれないけど、部署異動というか、全く別の事業所からの異動が結構あるようだ。私が今いるところにも、今まで全く別の仕事をしていた割とご年配の方が配属されて来た。聴けばその方がいた事業所が縮小するからだとか。全く未経験の方が、急にぽんと配属されることになって、明日からどうしようかと受け入れる側としては戸惑っている様子も見た。

 

そんなことがあって、ふと考えた。もし今うちの事業所が縮小するとなった場合、きっと先に切られるのは経験や資格があっても契約社員の私で、残るのは未経験でも正社員さんの方だろう。もし、うちの事業所がなくなるとなった場合、私はきっと一緒にさようならだけど、正社員であれば今回みたいに全く関係なくてもどこか人手が足りていない別の部署で働き続けることができるのだろう。私の今の契約、一応1年ごとの自動更新、5年たったら無期契約に切り替わると言われているけど、そんなの当てにしてはいられない。正社員の安定ってこういうこともあるんだなと、知らなかったわけではないけど、実際に身近で見て実感した。

 

だからと言って、じゃあ今すぐに正社員になりたいかと言われたらそういうことではないけれど。

 

何というか、強くなりたいと思った。もしそうなっても次を見つけられるだけの力が必要。もしくは、この人はうちに必要と思ってもらえるだけの仕事ぶりを見せないと。

 

20代の頃は「強く」なりたいって言ったら「精神的に」だったけど、30代になった今、社会的に?能力的に?「強く」なりたいと思う。何か、動かなければ。